orlytec F.H.B methods  orlytec F.H.B methods  orlytec F.H.B methods  orlytec F.H.B methods  orlytec F.H.B methods  orlytec F.H.B methods  orlytec F.H.B methods  orlytec F.H.B methods  orlytec F.H.B methods

トリートメントメニュー

腸管ピーリング
腸内美力画像

腸管ピーリング タイトル

詳細説明
ここ最近、TVなどで話題となる『腸育・腸活・腸内細菌』♪
 私たちは、腸内に約300種類、数として100兆個の”菌”を飼っています。
 腸の中に住み着いた『腸内細菌』は人間にとって、とても大切な存在でもあり、腸内では代謝に必要な”分解”、”消化”、”吸収”し、代謝に必要な『酵素』や、また、ホルモンやビタミンを作り、免疫力を上げています。
 腸管マッサレッチ腸間ピーリングでは、腸を支える全身の筋肉をマッサージ&ストレッチし、腸の動きをサポートし、古く不要な腸壁を スムーズに代謝させ、本来の腸管・腸壁の働きをスムーズに行えるようする事を目的としたプログラムです。

期待できる効果
◇ どっかんスッキリ&ウンチ ◇ 軟便 & 便秘 & 混合便の改善 ◇ 代謝がスムーズになる ◇ 全身のむくみ改善 ◇ 肌くすみ ◇ 体と肌のコンディションが整う ◇ 血液がきれいになる ◇ 理想の体重に改善 ◇ 臓器を休ませる ◇ 大腸をきれいにする ◇ 腸内・体内の毒素を除去 ◇ ホルモンと自律神経のバランスが整う ◇ 味覚や視覚、聴覚が正常になる ◇ アレルギーの改善

ファーストステップ
『20日間のプログラム』では健康的な『腸』作りを目的としたプログラムです。
近年、お客様から腸の不調を聞くことが増え、この機会に健康的な腸を手に入れていただきたく、特別価格でご提案いたします。
自宅でのケアが主な内容となるこの特殊メニューは、不要な古い腸の壁をスムーズに代謝させ善玉菌を育てていくプログラムです。自宅で腸活&腸育に取り組んでいただき、サロンでは腸の癒着などを解放し、全身の筋肉を柔軟に動かせるようサポートしていきます。

”腸の動きを活発にさせ”→”腸のお掃除”→”健康な腸を育てる”を目的とした結果が目に見える『20日間のプログラム』です


※クラブメンバー様のみクレジットカード払いご利用可能

20日間のファーストステップ

① カウンセリングと腸の構造や仕組みについて少しお勉強いただきます
②『腸管マッサレッチ 20日間のプログラム』についてご説明いたします
③ カウンセリング後は「腸管マッサージ&ストレッチ」の施術を受けていただきます
④『20日間のプログラム』のホームケアについてご説明いたします
④ 次回のご予約をお取りいただきます

※ 慢性便秘や軟便の方は、その間に「腸管マッサージ&ストレッチ」を何度受けていただいても構いません
※ 腸育プログラムは最低3ヶ月の取り組みをオススメいたします
※『220日間のプログラム』終了後もライフスタイルに合わせてプログラムの継続をおすすめいたします。

まずは20日間ステップアップ 20日間ステップアップ例
腸管マッサレッチ施術

【まず仰向けの手技からスタート】
① 脚の長さ、骨盤の歪みをチェックします
② 太ももを含む脚全体の筋肉を解しながら内側、外側ともに引き伸ばします(ストレッチ)
③ お尻の筋肉を解しながらお尻、腰ともに引き伸ばします(ストレッチ)
いよいよ腸を動かしていきますそのまま
④ 内臓を包み込み腹直筋から腸の流れに沿って圧かけながら緩めていきます
⑤ 腸に刺激を与えることで腸管部の血流をUPさせ腸管の活性を促します
⑥腕全体の肩関節部分の深筋を解し上半身引き伸ばします(ストレッチ)
⑦ リンパ管が多く集まる腋下をしっかり解しデコルテ部位の縮まった筋肉を緩めます
⑧ 脚の長さや角度をチェックし骨盤の整いをチェックします

【うつぶせの手技】
⑧ 背中の浅背筋を緩めて深背筋をマッサージ
⑨ お尻のコリを解し下半身全体のリンパを促し太もも前引き伸ばします(ストレッチ)
※ サロンでの『腸管マッサレッチ』は、月に2〜3回をオススメします

腸管マッサレッチ 施術価格   

価格/¥9,720- ベーシス 施術時間:60分

※クラブメンバー様のみクレジットカード払いご利用可能

腸管マッサレッチ 施術価格   

価格/¥12,960- 骨盤プレミア 施術時間:90分

※クラブメンバー様のみクレジットカード払いご利用可能

《腸育パック専用》 施術価格   

価格/¥5,400- ☆腸管マッサレッチ サポート 施術時間:40分

※クラブメンバー様のみクレジットカード払いご利用可能

▲page top